加門七海「霊峰富士の力 日本人がFUJISANの虜になる理由」

霊峰富士の力 日本人がFUJISANの虜になる理由 (講談社+α新書)

先般世界文化遺産登録を果たした富士山の魅力をよくある紹介本とは異なった切り口で語った本。
その視点がいかにも加門流で嬉しくなります。

特に徐福伝説の目的地「蓬莱」は富士だったという話が興味深く、そのルートの途次の諏訪との関係がなかなかに読ませます。秦の始皇帝の命を帯びて不老不死の妙薬を探しに海を越え、童男童女各500人を引き連れて日本に来た徐福が富士こそ蓬莱と見定めてたどり着き、そのまま定住する話はロマンそのものです。

ほか、富士行者へのインタビュー、神社への参拝の仕方に関する著者独特の、いわゆる「見える人」の視点は類書には見られないものとなっています。2014年、講談社+α新書。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする