[Insight CD] 再びのビジョン、自作音源など

Insight CDを聴いているわけですが、占星術家の松村潔氏のサイトによると、ヘミシンクなどのバイノーラルビートは音量を上げすぎてはいけないとの記載があって、それは大きい音は排除しようとするが、小さい音には逆に注意を向けるという脳の働きによるものだそうです。

以来、Insight CDも聞こえるか聞こえないか位の音量で聞いています。

バイノーラルビートは自作も可能であって、音楽用のエディタで左右の周波数をずらした音源を作り、好みの音楽と合わせることで可能ですしフリーのソフトで充分作ることができます。その周波数の差が同調させる脳波となります。某掲示板のまとめサイトにも多く自作の音源が上がっています。双子、というキーワードで検索するとヒットしますが、何故「双子」なのか、某掲示板独特の符牒のような言葉遣いはよく分かりませんが、それを使用する際は飽くまでも自己責任で行うべきでしょう。

昨夜のセッションでは、一昨日とは違う若い女性が現れ、私と私の重要なものの一部を交換するというイメージをみました。その重要なものとは何なのでしょうか。どうも具体的な体の一部というわけではなく、精神の一部、それも厄介な自我の一部という感覚がありました。そういうものを背負ってやる、というようなイメージです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする