「パイレイ」誌 総目次

瞑想家の故・山田孝男氏を中心として編集された「パイレイ」誌は「意識と物質の統合を目指す」と銘打って87年に創刊され、94年の5・6合併号まで不定期に計5冊が刊行されました。スーパーセンソニクスのクリストファー・ヒルズが寄稿するなど日本におけるサイオニクスの草分け的雑誌ではないかと思います。

パイレイとはピラミッドに発生するエネルギーで、四角錐の頂点から上方に出るのがポジティブ・グリーン、垂直下方に出ているのがネガティブ・グリーン、この垂直線に対して6度15分斜め下方に発されるのがパイレイ(Pi-ray)と言われるエネルギーで、意識と身体を結びつける働きがあるとされます。この角度はピラミッドでは王の棺がある位置です。

ネガティブな働きをするネガティブ・グリーンの影響を受けずにこのパイレイを活用すべく開発されたのがEPCであり、パイレイ・コファーと呼ばれる木製の小さな箱です。このなかに願望を書いた紙片や物を入れて願望成就するという仕組みで、製品が当時販売されていました。EPCはコファーの上部に半球を3乃至7つを重ねた強力版です。山田孝男氏の開発になるクリスタル・セブンなど懐かしく思われる方もいらっしゃるのではないかと思います。

ヒルズ率いるユニバーシティ・オブ・ザ・トゥリーズからは、各種振子などが発売されていましたが、今では入手が非常に困難となっており残念です。著書「スーパーセンソニクス」には自作方法の記載もありますので、作製してみたいと思っています。

以下は全5冊の総目次です。

[table id=2 /]

コメント

  1. 川上潔 より:

    パイレイ詩を購入するにはどうしたいいでしょうか。

  2. ohalico より:

    管理人のohalicoです。
    パイレイは刊行からかなり時間が経っていますので古書をお探しになるほかないかと思います。