ラジオニクスの処理時間

ラジオニクスラジオニクス

ラジオニクスでの処理時間、つまりセットしてどれほどの時間オペレーションすれば良いのかについては悩むところです。特に自作のものではマニュアルも無いのでどう決めればよいのかが分からないことが多いのではないでしょうか。

Scribdなどに落ちているドキュメントをみてもあまり記載がないことが多いのです。

基本的には振り子に聞け、ということだろうと思います。ペンデュラムでの回転数で見る方法やもしくは時間のチャートを使っても良いと思います。そもそもそのための振り子であり筋反射テストなのです。

これについては海外の掲示板で議論されているのが参考になりました。
やはり振り子でチェックする方法から電卓などで乱数を出し例えばその上何桁を見るなどの方法とともに、興味深い方法として惑星時間の活用というのがありました。この惑星時間というのは占星術の用語で、占星術上の各惑星が支配する時間帯というものがあり、その時間にそれら惑星それぞれが持つ象意に沿った行動をすることで行う呪術的開運法なのですが、これを応用してラジオニクスでの目的によってその時間帯を選んで1時間ほどをオペレートするというものです。

オペレーションの時間ということと行う時間帯とは少々違う話ではありますが、なかなか面白い方法です。
感覚的にもう良いだろうと感じるまで行うというのが実際の方法だろうと思います。