バイノーラル, 雑記バイノーラル, 明晰夢

ここ最近は忙しくてなかなか本が読めませんでしたが、それでも合間を縫い、ブルース・モーエン「死後探索1-3」、高羽そら「夢で会える 体外離脱入門」など数冊を。
これらはおいおいエントリしてゆこうと思っていますが、暇さえあれば聴い ...

バイノーラル, 書籍・文献ノンヘミ, バイノーラル, ヘミシンク, モーエン, 文献

著者は幼い頃からいわゆる霊感がありそれ故の悩みをモーエンのワークショップで解決するという半生を語ったもの。そう言えばモーエンも著者同様の人生の疑問を幼い頃から抱き、しかもやはり霊感的素質のある姉を持っていた、と著書の「死後探索」にあり ...

バイノーラルOOBE, ノンヘミ, バイノーラル, ヘミシンク

ヘミシンクでいうところのフォーカス24から26までは信念領域体系と言われるステージで、生前の現世界における常識、宗教的世界観などの枠に囚われてそこを抜け出せない状態と定義されており、そこでの救出活動をレトリーバルと呼んでいるようです。 ...

バイノーラル, 書籍・文献ノンヘミ, モーエン, 文献

先般刊行されたブルース・モーエンと松村潔との対談本。アールズ出版刊。
モーエンの来日に合わせ数日に渡って行われた対談。早速購入して読了。

簡単な脚注があるので初読でも背景が多少は分かるとは思います。しかし余りにも簡 ...

バイノーラルエネルギー変換ボックス, バイノーラル, レゾナントチューニング

新年明けましておめでとうございます。遅ればせながらご挨拶を申し上げます。

年末からヘミシンクのオープニング・ザ・ハートを聴き始め、まだレゾナント・チューニング辺りを右往左往していますが、エネルギー変換ボックスでの心配ごとや ...

バイノーラルInsight CD, ヘミシンク

マインドフードの一つである「アセンション」をAmazonで購入し聴き始めました。
同時に「オープニング・ザ・ハート」も購入、これは年末年始に聴こうと思っています。
また、図書館でブルース・モーエンの「死後探索マニュアル ...

サイト情報, バイノーラル, 周易, 雑記sbagen, バイノーラル, 新井白蛾, 秘伝

この間開始した新井白蛾の秘伝集については少しづつ書き溜めてゆく積りです。
周易関係でもサブカテゴリに記載したような内容は少なくとも書きたいと思ってはいますが、なかなか時間が取れず遅々として進みません。

バイノーラル ...

バイノーラル, 雑記Insight CD, バイノーラル

Insight CDを聴いているわけですが、占星術家の松村潔氏のサイトによると、ヘミシンクなどのバイノーラルビートは音量を上げすぎてはいけないとの記載があって、それは大きい音は排除しようとするが、小さい音には逆に注意を向けるという脳の ...

バイノーラルInsight CD, バイノーラル, ヘミシンク

およそ1か月前から続けているバイノーラル音源、Insight CDですが、先にエントリしたような啓示のようなものに加え、最近具体的な視覚体験としてビジョンが見えることがしばしば起こっています。

昨日は現実世界では会ったこと ...

バイノーラルInsight CD, バイノーラル

雨のため部屋で過ごす。昼過ぎにInsight CDを聴き、そのまま眠りに落ちてしまうのだったが、その眠りに落ちる瞬間に再び心に飛び込んでくる言葉があった。曰く、求めるものを外においてはいけない。癒しを外に求めるべきではなくまたそれは誰 ...

バイノーラルInsight CD

Insight CDを聴き始めてしばらく経ったが、セッション中、右脳と左脳が統合しているという感覚が実体験として感じられるようになった。勿論、事前の情報としてバイノーラルにはそういう機能があるということは得ているので思い込みもあるだろ ...

バイノーラルInsight CD, OOBE

毎日、朝と寝る前の二回、InsightCDを聴いていますが、昨日の晩のセッションで腰のあたりに微妙な振動を感じ、いわゆる幽体が肉体からずれる感覚がありました。無意識に寝返りを打とうとした際に、肉体はそのままで中身が先に動いたという感じ ...

バイノーラルバイノーラル, ヘミシンク

ヘミシンクのCDを購入しました。「内なるガイドにつながる」。ヘミシンクのラインナップであるマインドフードシリーズの一つです。

ガイドというのはヘミシンクの概念で古い言葉を使えばハイヤーセルフということになるでしょうか。ヘミ ...

バイノーラルInsight CD, バイノーラル, ヘミシンク

このCDは全編が雨音です。もう一つ波音バージョンがあり、その中に入っているビートは雨音と同じなので、どちらか良いかということではなく好みで選べば良いのでしょう。私は以前、その名も「波の音」というCDを購入したことがあって、これはバイノ ...