ペンデュラムでネガティブなものを排出する

ペンデュラムを使用してネガティブな思考や心理上の汚染などを放出するテクニックです。

遠隔治療などでは写真や血液、体毛などのウィットネスを薬などと一緒に置き、ペンデュラムを振ることでブロードキャストを行いますが、今回は自分のなかのネガティブな思考、何か嫌なものを見た、聞いた、その場所にいたなどの心理上の汚染や痛みなどをペンデュラムを使って体外に排出するイメージテクニックです。

通常利用する利き手でペンデュラムを持ち、浄化したいものが体内からペンデュラムを通して排出されるイメージをしながら右回りに回転させます。

ラジエステシアでは右旋は放出、左旋は吸収を意味します。

しばらくイメージしながら右旋させ、出切ったと感じて(そうイメージする)終了します。

部屋のなかでは窓を開けておくと良いでしょう。

ペンデュラムがなければ腕を右旋させても良いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする