藤島啓章 「異次元エネルギーの系譜」

20130113-105344.jpg

92年の「奇跡の超感覚」を改訂、改題し2000年刊行。福昌堂。前回に引き続きこれも気楽に読める超科学関連の概観書。ラジオニクス、ラジエステシア、ダウジング、メスメルの動物磁気から、ライヘンバッハのオド、デラワーのラジオニクス・カメラ、テスラ、キルナースクリーン、キルリアン写真、ライヒのオルゴンなどオカルト科学の基本を一通り押さえています。なかでも瞑想家の故、山田孝男氏関連の記述が懐かしい。ピラミッドから放射されていると言われるパイレイを応用したクリスタルセブンなどにも言及するなど、当時のムー、パワー・スペース誌を髣髴とさせる一冊です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする