ダウジング, 筋反射アインハンドルーテン, オーラメーター, ケース, ボバー, 筋反射

浅草橋界隈は人形で有名だが、同時にアクセサリーパーツの店が多くなかでも貴和製作所は質、量ともに充実した有名店だ。他にも高架下に貴石の専門店などがひしめき、ラジオニクスの回路として使う水晶柱などは浅草橋界隈ならば安価なものが入手できる、 ...

ダウジング, ラジオニクス, 書籍・文献ダウジング, パイレイ, ラジエステシア, ラジオニクス, 文献, 筋反射

瞑想家の故・山田孝男氏を中心として編集された「パイレイ」誌は「意識と物質の統合を目指す」と銘打って87年に創刊され、94年の5・6合併号まで不定期に計5冊が刊行されました。スーパーセンソニクスのクリストファー・ヒルズが寄稿するなど日本 ...

テクニック, 筋反射TRテスト, セルフキネシ, 入江FT, 筋反射

以前、一人オーリングテストの記事を上げていますが、私が普段行っている具体的な方法について質問がありましたので写真でご説明したいと思います。そもそも自己流ですし人それぞれのやり方があるかと思いますので自分に合う方法を見つけるのが良いと思 ...

筋反射TRテスト, 筋反射

手技治療のための筋肉反射テスト 基本編

先般のエントリでのセルフキネシ法の一つとしてTRテストという人差し指と親指の間の筋肉の緊張をみるテクニックを解説したもの。キネシオロジーでよく使われる三角筋反射法も解説されている。

ラジオニクス, 筋反射ラジオニクス, 筋反射

随分前に自作したラジオニクス。3ダイヤルのシンプルな構造で転写、放射が可能。
赤が出力、黒が入力のプローブ付で、波動測定ができる。
こういう自作品では勿論レート表があるわけではないが、測定した数値を反転されば用が足りる ...

筋反射セルフキネシ, 入江FT, 筋反射

バイデジタルオーリングテストは二人一組で行う筋反射テストだが、日常の場面ではなかなか簡単には行えない。それを一人で行う方法の一つがペンデュラムでありボバーであって、これらは全て筋肉の微細な反射を増幅する手段とも言えるが、しかしこれもは ...

ダウジング, 書籍・文献文献, 筋反射

文献関係のエントリを。
トム・グレーヴズ著「ペンデュラム・ダウジング」は1996年刊。当時河出書房新社の聖なる知恵入門シリーズの一冊。振り子の作成方法、イエス、ノーの設定から始まり、レイラインやジオパシック・ストレスまで言及し ...

書籍・文献, 筋反射文献, 筋反射

先の「超能力の知恵袋」と同様、O-リングテストで森羅万象を探求するメソッド。
VTTとはVibration Tuning Testの意らしい。研究会も行われているようで興味深い。
この続編も刊行されている。 ...

ダウジング筋反射, 風水

風水で使用する尋龍尺はいわばダウジングロッドであって、上部の棒が回転しものを指し示す仕組みだが、これは著名なダウザーであったバーン・カメロンのロッドによく似ている。カメロンのものは井村宏次の著作に写真が載っているが、柄の部分が木製で握 ...

書籍・文献文献, 筋反射

新井昭廣訳、ビジネス社。ダウジングの古典ともいうべき書。
実施の際に金属を身につけないという記述があり、これはよく見かけるものですが、実際には儀式的な意味合いを別にして結果には影響しない、あるいは影響しないと考えておくことが重 ...

ダウジング, テクニック, 筋反射インド, ダウジング, 筋反射

YOU TUBEで見つけたココナッツを利用したインドの水探索法。
どうも反応すると手のひらで横になっていたココナッツが立つようです。
手のひらの微妙な傾斜の変化が増幅される仕組みでしょう。

なかなか興味深い ...

書籍・文献, 筋反射文献, 筋反射

原崎勇次「超能力の知恵袋」96年、福昌堂刊。大型本。
福昌堂といえば既に廃刊となっている月刊誌「パワースペース」があります。これについては後程纏めたいと思いますが、ラジオニクスやマインドマシン、超科学関係の充実した雑誌でした。 ...

ダウジングダウジング, 筋反射

自作のペンデュラムです。手前のものは東急ハンズなどのアクセサリー素材店で求めた水晶のヘッドにチェーンをつけています。非常に安価ですが、軽く敏感に動きます。チェーンの短さにご留意下さい。この位がちょうど良いのです。一応のところ水晶という ...

書籍・文献筋反射

このサイトでは筋反射系という表現を採っていますが、この言い方は一般的なものではありません。しかしペンデュラムやロッド、Oリングテスト、入江式FT、ラジオニクスのスティックパッドの反応などは微細な筋肉反射を増幅し捉える技法と言え、これら ...