書籍・文献念写, 文献

昨日の記事でのデジタル念写について、清田益章氏によるデジカメでの念写が記載された雑誌「ムー」2011年4月号を某図書館にて閲覧。当該記事「徹底解明! 福来友吉と「念写」の謎」を複写してきた。

冒頭、清田氏によるデジカメ念写 ...

ラジオニクス, 書籍・文献念写, 文献

小原弘万氏と聞くと、ある年齢から上の人は70-80年代によくテレビ出演されていたのを思い出すかもしれない。
般若心経の読誦100万回を誓願し達成したうえ、生涯で実に220万回以上の読誦を通してある種の超能力を身に着けた方でもあ ...

書籍・文献, 雑占文献, 雑占

しばらく占の話題が続いているが、今回は宮本青枝「帰魂の卦」(主婦と生活社、昭和60年)を書棚から取り出してみた。宮本は当時、既に40年ほども共同通信社の占い欄を執筆しており、また本書の占例にも出てくるように加山雄三の奥さんからのプライ ...

書籍・文献, 雑占孔明神卦, 雑占

占術関連の話題が続くが、黄文亮「孔明の霊感銭占い」(昭和38年、黄文亮)は筆者が90年前後に京都のとある古書店の均一台で購入したもの。陰陽の爻卦5爻をコインで占う占。中国、台湾などではポピュラーな孔明神卦と呼ばれるものを一般向けに平易 ...

書籍・文献OOBE, 文献, 明晰夢

随分エントリに時間が空いてしまいましたが、最近読んだ本について少々。

コンピュータプログラマの著者がプログラマらしく冷徹に体外離脱を分析しています。
しかし冷徹と言っても科学的というわけではなく、一個人としての主観 ...

書籍・文献文献

3年半前の東北大震災から御嶽山の噴火、土砂災害、都市部のゲリラ豪雨など昨今、大規模なものから小さなものも含めて自然災害が頻発しているように感じます。御嶽山のご祭神が国常立尊であられることからそこに何らかの意味やメッセージを読み解く方も ...

明晰夢, 書籍・文献OOBE, 明晰夢

明晰夢や体外離脱、いわゆるOOBE体験についてはバイノーラルビート音源や金縛りをきっかけとする方法など様々な試みがなされていますが、この本で提示される方法は類書とは異なるユニークなものです。

いくつかのメソッドが段階を踏ん ...

ダウジング, 書籍・文献, 筋反射ダウジング, 文献

この間の加門七海氏のエントリに関連してYOU TUBEに甲州金山の埋蔵金に関するドキュメンタリを見つけたのでクリップ。

随分前の放送のようですが、この番組と連動して出版された加門七海著「黄金結界: 甲州埋蔵金の呪いに挑む」 ...

書籍・文献

加門七海の新刊が出るとつい買ってしまう。

本書はメディアファクトリーの刊行になる雑誌「幽」の連載で、日本各地の霊地を東雅夫とともに巡礼するという趣向の紀行をまとめたもので、いわゆる「見える人」である加門と古今東西の怪談に通 ...

ラジオニクス, 書籍・文献

ルース・B・ブラウンのラジオニクスカメラ、Radio Visionは血液などのウィットネスを置き、彼女が操作するとセットされた乾板にイメージが焼き付けられる仕組みです。

仕組みといっても光学的な裏付けがあるわけではなく、患 ...

ダウジング, ラジオニクス, 書籍・文献ダウジング, パイレイ, ラジエステシア, ラジオニクス, 文献, 筋反射

瞑想家の故・山田孝男氏を中心として編集された「パイレイ」誌は「意識と物質の統合を目指す」と銘打って87年に創刊され、94年の5・6合併号まで不定期に計5冊が刊行されました。スーパーセンソニクスのクリストファー・ヒルズが寄稿するなど日本 ...

書籍・文献井村宏次, 文献

出版社、BNPのブログ、「ビイング・ネット・プレス編集部日誌」で最近知ったのですが、井村宏次氏が今年2014年2月23日にお亡くなりになったとのことです。遅ればせながら謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

井村宏次氏といえば ...

周易, 書籍・文献, 雑占雑占

サイトの趣旨とは少々異なってしまいますが、これは測字占に関する書で台湾の陳詔皇(正しくは土偏に皇)が昭和13年に東京の悠久書閣に招聘され行われた講義の筆記録です。中村文聡といえば気学なのですが、推命や手相、人相、姓名学などの著作も多く ...

テクニック, 書籍・文献

先日からの書棚の整理で随分懐かしい本が出てきました。福昌堂で発行されていた「パワースペース」誌でも度々登場した超能力研究家で潜在能力開発研究所の佐々木浩一氏の著になる「思念力百科」です。この本は中学生の頃に書店で見かけてはおり、その後 ...