ダウジング, 雑記

暇つぶしによく見る哲学ニュースさんに「一番昭和を思い出す画像を貼った奴が優勝」というまとめ記事があって、その貼られた写真がいちいちどれも懐かしいものばかりなのだけれど、そのなかで少年漫画誌の巻末などによく出ていたアイデアグッズの広告は ...

テクニック

世の中、嫌なことに遭遇することはままありますが、自分に落ち度があればそれは反省すべきではありましょう。しかし身に降りかかる謂れもない不快さについては、その行為者の無知や愚かさに怒りを覚えることもあるでしょう。むしろ、そんなことの方が多 ...

明晰夢, 書籍・文献OOBE, 明晰夢

明晰夢や体外離脱、いわゆるOOBE体験についてはバイノーラルビート音源や金縛りをきっかけとする方法など様々な試みがなされていますが、この本で提示される方法は類書とは異なるユニークなものです。

いくつかのメソッドが段階を踏ん ...

ダウジング, 雑記ダウジング

ウォールストリートジャーナルに、ダウジングを使用して地球人に紛れたエイリアンを探し出すという興味深い、というよりつい失笑してしまうような記事が上がっているのを知り早速読んでみました。既に幾つかの日本のサイトにも転載されているようです。 ...

ダウジング, 書籍・文献, 筋反射ダウジング, 文献

この間の加門七海氏のエントリに関連してYOU TUBEに甲州金山の埋蔵金に関するドキュメンタリを見つけたのでクリップ。

随分前の放送のようですが、この番組と連動して出版された加門七海著「黄金結界: 甲州埋蔵金の呪いに挑む」 ...

バイノーラルOOBE, バイノーラル, ヘミシンク

92年、ロバート・モンローのインタビュー。
非常に興味深い。
(より引用。)

The interview of Robert Monroe regarding Hemi-Sync in 1992.

書籍・文献

加門七海の新刊が出るとつい買ってしまう。

本書はメディアファクトリーの刊行になる雑誌「幽」の連載で、日本各地の霊地を東雅夫とともに巡礼するという趣向の紀行をまとめたもので、いわゆる「見える人」である加門と古今東西の怪談に通 ...

雑記

最近、どうも地蔵尊との縁を感じています。とはいえいつもお参りしているのは巣鴨のお地蔵様ではありません。近所の古刹におられる古いお地蔵様です。

今日も昼に時間が出来たのでいつものように手を合わせました。石が歳月で崩れ、殆ど表 ...

ラジオニクス, 書籍・文献

ルース・B・ブラウンのラジオニクスカメラ、Radio Visionは血液などのウィットネスを置き、彼女が操作するとセットされた乾板にイメージが焼き付けられる仕組みです。

仕組みといっても光学的な裏付けがあるわけではなく、患 ...

テクニックジオパシックストレス

東京都都市整備局のサイトに明治以降の地図を現在のものと重ねることによって土地の履歴を調べることができるサービスがあります。

もともとはその土地の地歴を見ることにより液状化の可能性を防災上の観点から調べる為のサービスで、例え ...

雑記

いつも使っている大学ノートのストックが無くなり、文具屋へ行ったのですが、お目当てのものがなく店員に訊くと入荷はないとの返事でした。私が使っているノートはTS製のB5変形サイズ、31-103 Y40です。

クリーム色の上質な ...

サイト情報

長らく使っていたWordpressのテーマ、The Morning AfterはWordpressのバージョンが上がって行くのと相対的に古くなってきた感もあり、最近ではスマホなどの普及でレスポンシブデザインにもしたいと考えて、思い切っ ...

雑記

よく寄る古刹の境内に水鉢があって蓮が活けてあるのですが、この間まで綺麗な花が咲いていました。

上の写真はこの花を写したものです。

蓮は仏像の蓮台のモチーフとしてよく見るところですが、葉が開く前は縦にクルッと細長 ...

ダウジング, ラジオニクスダウジング, ラジエステシア, ラジオニクス

かつて福昌堂から発行されていた雑誌「パワースペース」誌の連載「超科学工作室」で、ラジオニクスのオペレーション後に前の処理における波動の残滓をクリアするのに消磁器が使えるという記事が載っていました。

消磁器はカセットデッキの ...